国立代々木競技場
a0087927_23195274.jpga0087927_23203515.jpg
国立代々木競技場(代々木体育館)の、第ニ体育館(左)と、第一体育館(右)。
1964年東京オリンピックのときに建てられた建物です。




a0087927_2321328.jpg

a0087927_23214710.jpg

a0087927_23221844.jpg
上3枚の写真は第ニ体育館。(背後の・・・NHKが・・・じゃま。)
私のなかでは、国立代々木競技場=丹下健三、といえば
この第二体育館のイメージが強かったけど、




a0087927_23223554.jpg

a0087927_23224949.jpg

a0087927_23231781.jpg
この上3枚の写真の第一体育館もなかなか格好が良い、と再認識。
40年以上たっているのに古くさくないって、すごくないですか?




a0087927_23233747.jpg



名称   国立屋内総合競技場
所在地 東京都渋谷区神南2-1-1
設計   丹下健三・都市・建築設計研究所
竣工   1964年



 ←「at-blog*」を応援。ここをクリック!!

[PR]
by plysima | 2008-03-03 23:25 | 建築(タグ建築探訪にもあり) | Comments(6)
Commented by molamola-manbow at 2008-03-04 01:10
東京五輪はプレを含めて快晴に恵まれ、何の支障も起きなかった。
でも、第一の方は柱と柱の釣り天井部分に無理があるのか、完成当初から雨漏りが絶えない。
修復に修復を重ねたから、現在がどのようになったかは知りませんけど、滝のような雨漏りで場内が水浸しになったこともあったんです。
いまだに形は新鮮だけど、金を食い過ぎる公共施設はいけません。

Commented by goya7e at 2008-03-04 11:30
 こんにちは。建造物で、何十年も斬新なものは、少ないですね。デザイン、設計を生かせない、施工の問題はあったりしますが、この国立代々木競技場は、すばらしいですね。機会を捉えて、出かけてみたいです。
Commented by デコウォーカ at 2008-03-04 21:31 x
あまり気にしないでいましたが、言われて見ると40年前の建物にしては現在にも通じるデザインですね。すると、当時は斬新過ぎたのかな?(あまり、そういう記憶は無いですが・・)
Commented by plysima at 2008-03-05 22:16
◆molamola-manbow さん
この代々木体育館もやはり雨漏りしたんですねー。同じく丹下さん設計の東京都庁もかなり雨漏り被害があるとか・・・。ネットで検索かけてみたら意匠系造形推奨派の、「雨漏りでは人は死なない」というかなり自分勝手な意見も出てましたー。笑いましたが、雨が漏れてはまずいですね。笑いごとではない、かな。
Commented by plysima at 2008-03-05 22:38
◆goya さん
屋根の形状が特殊なので雨水がたまるらしいです。東京・神奈川に住んでいるときは、素通りでじっくりみたことはなかったのですが、まじまじと見てみるとなかなかきれいな建物でした。周辺も広々していて開放的で気持ちがよかったです。
Commented by plysima at 2008-03-05 22:54
◆デコウォーカ さん
丹下健三さんは自身の作品の傑作のひとつにこの代々木体育館をあげていたみたいです。竣工当時も斬新な建物だったと思いますが、でもそんなに奇抜ではなく流行に左右されないデザインだったのだと思います。
 MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ     
        
HOME     << 中華ビュッフェ “柿安上海DI... 俺たちに明日はない (Bonn... >>   ▲ページトップへ