「ほっ」と。キャンペーン

そばきり 姫の湯 *食事編
a0087927_0545272.jpg
前菜。湯葉の中は海老だったかな?
アスパラと柚子のゼリーソースがのっています。

お店の方にことわって、写真を撮らせてもらいました。
お蕎麦のコース料理です。



a0087927_05566.jpg
ん?また前菜だったっけ。左のは竹の子まきです。



a0087927_05523100.jpg
お蕎麦の豆腐。



a0087927_0553542.jpg

a0087927_0554951.jpg
お蕎麦と蕎麦湯、細麺です。



a0087927_056274.jpg
イタリアン風味のお蕎麦、もう一品。



a0087927_0561858.jpg
最後にデザートです。
上品な蕎麦のコース料理でおいしかったです。



a0087927_0562992.jpg
ご機嫌で食事していてふと外を見ると、
小雨の降る中、もくもくと芝の手入れをしている方が・・・。

なんとこちらのオーナーだそうです。
このあとオーナーの方と、外でちょっと話をしました。
造園関係の方で、芝生が専門なんだそうです。
建物や、周囲の木々の説明をしてくれました。



a0087927_059423.jpg
駐車場ではお地蔵さんが見守ってくれてました。

食事は2000円のコースで、最後のお蕎麦の一品がつかないと1600円です。
基本的に前日までに予約して行った方が、いいみたいですよ。


【追記】
「そばきり 姫の湯」の設計者の鈴木基紀さんからコメントをいただきました。
今回紹介した「そばきり 姫の湯」は、2008年の6/30をもって一時休業とのことです。
こちらの建物・周辺敷地からなるプロジェクト「IZVI計画」は、
25年も前から構想されていた計画で、今後まだまだ発展していくそうです。
(お蕎麦やさんは仮の姿だったのか・・・?)
また将来、訪問することが出来る日を楽しみにしています。
・・・それと、上の文章で私が書いた駐車場の「お釈迦さん」は、
「お地蔵さん」だそうですので、訂正しておきました。


【さらに追記】
営業を一時中止していたのですが、また再開したそうです。
オーナーの伊澤さんからコメントを頂きました。(2009年9月)

「そばきり 姫の湯」
静岡県伊豆市姫の湯456-1
営業日 土、日、月曜日、完全予約制
(予約は10日程前までに)
電話 090-7019-4009 伊澤さんまで



名称   IZVI計画
所在地 静岡県伊豆市姫の湯456-1
設計   鈴木基紀+空間設計社
竣工   1992年(IZVI 週末住宅)
      2004年(IZVI.ex 多目的な小屋)


 ←「at-blog*」を応援。ここをクリック!!

[PR]
by plysima | 2008-07-02 01:00 | グルメ | Comments(17)
Commented by molamola-manbow at 2008-07-02 14:18
気持ちが爽快になれる贅沢さですね。
料理もさぞ美味しいでしょう。
こうしたところがあるんですね~、感心しました。

イタリアン蕎麦、「一度くらい味わってもいいかな」と、出汁でツルリの蕎麦好きも感じています。
Commented by motoki8787 at 2008-07-02 19:44
突然のコメント、ごめん下さい。
(コメント文字数に制限があるようなのでコメントを小分けにします)
空間設計社の鈴木基紀と申します。
「そばきり姫の湯」の建物の設計者です。
「そばきり姫の湯」のブログを拝見致しました。
写真、とても良いですね。
また、建築探訪の各記事も興味深く拝見致しました。
Commented by motoki8787 at 2008-07-02 19:44
私は直接「そばきり姫の湯」の営業にかかわってはいませんが、
姫の湯において18年前(正確には25年前)に始まった伊澤氏(オーナー)のプロジェクトは設計者である私のライフワークでもあります。
IZVI計画のIZは伊澤氏のIZ,そして伊豆のIZ,
VI はVillaのVI と美しいの美・VIを表します。
Commented by motoki8787 at 2008-07-02 19:45
さて、
実は事情があり、今週月曜日・6月30日をもちまして、
そばきり姫の湯の営業が一時休止することになりました。
伊澤氏から聞くところによると、最近ネットによるお客様が増えてきている、とのことで
本日、急ぎお知らせする次第です。
(現地にはネット環境がなく、伊澤氏から、お店が紹介されているサイトに連絡をするよう私に依頼がありました。
私のブログでも営業一時休止の記事をアップしています。
宜しかったら、ご覧下さい。http://motoki8787.exblog.jp/)
Commented by motoki8787 at 2008-07-02 19:45
なお、
ツリーハウスの巨大な樹木は「榎(えのき)」です。
驚くことに18年前の敷地写真にはその姿がありません。
おそらく鳥が運んできた筈です。このように成長が早いことから
「榎」は昔から一里塚のようになランドマークとして利用されていた、
とも聞きます。
また、
写真にある仏像はお釈迦様ではなく、地蔵尊です。
ご興味あれば、私のHPのSecret Boxをご覧下さい。
http://home.s07.itscom.net/motoki/

では,.....。
Commented by goya7e at 2008-07-02 21:00
こんばんは。
 ヘルシーで、魅力がある蕎麦屋さんだなあ、と、みさせていただきました。機会があれば、いってみたいです。
 でも、上のコメントですと、事情が、あるみたいで、残念です。器も、さわやかで、いいですね。蕎麦湯の容器、も、面白そう・・・。
Commented by デコウォーカ at 2008-07-02 22:31 x
私が、建物に入らないうちに料理が出て、食べ終わっていましたね(笑)。広い芝生の庭の理由が解りました。写真で見ると美味しそうだし、料金も安いのではと、思いました。しかし、motokiさんのコメントを読むと、残念ですね。
Commented by オニキス at 2008-07-03 22:55 x
ステキなところですね~。

行ってみたいおもいつつ、一時休業とは・・・・残念。
Commented by plysima at 2008-07-05 00:34
◆molamola-manbow さん
イタリアン風味のお蕎麦もおいしかったですよ~。(私はちょこっと食べただけですが) すごい穴場の場所を見つけたと喜んでいたのですが、しばらく休業なんだそうです。残念ですが、復活したらまた行ってみますね。
Commented by plysima at 2008-07-05 00:44
◆motoki8787 さん
ご連絡ありがとうございました。設計者の方からコメントをいただけるなんてびっくりしてしまいました。休業は残念ですが、最後のギリギリで伺えることができて本当に良かったです。「そばきり姫の湯」を教えてくれた知人にも、この件は話しておきました。鈴木さんのエキサイトブログで、ピザなどを焼く石窯を造る、というような投稿がありましたね。ツリーハウスも実現したら楽しそうですね。あの榎の大木が18年前に姿がなかったというのは驚きです。また訪問できる時が来ることを心待ちにしています。
Commented by plysima at 2008-07-05 00:49
◆goya さん
写真などで見ると、行きたくなりますよね。建物も、庭木や川などの自然も、お料理も、全部良かったのに、もう休業とはちょっとびっくりで残念です。夏休み位にもう一度行きたいなと思っていたのですが。。
Commented by plysima at 2008-07-05 00:52
◆デコウォーカ さん
もしご興味あれば県内ですし、是非行ってみてほしいな、と思っていたのですが、休業とは残念。でもまた新しい形に発展するようですので、そのときはブログでまた紹介出来たらいいなと思っています。。
Commented by plysima at 2008-07-05 01:09
◆オニキス さん
わりと近いから是非、行ってみてほしかったです。中伊豆の山の中にこんなところが?!とびっくりして、場所も建物も料理も良かったのですが・・・。再開したらまた行くチャンスがありますね。
Commented by こつぶ at 2008-07-07 20:54 x
う、うまそう~♪って見てたら、休業なんですね。。
しかも、設計者の方からのコメントなんてすごい~!
建物の形が面白いですね。
Commented by plysima at 2008-07-08 21:37
◆こつぶ さん
おいしそうでしょ。気に入ったので他の友達とか連れてまた行こうと思っていたのに残念!でもまた新装開店しそうなので、そのときを楽しみにしています。建物もセンスよく感じいいところでしたよ。
Commented by そばきり姫の湯 伊澤伸恭 at 2009-09-17 11:16 x
そばきり姫の湯の営業は、完全予約制で再開しております。
予約は10日程前にてお願い致します。
電話は、
090-7019-4009 伊澤迄
Commented by plysima at 2009-09-19 01:13
◆そばきり姫の湯 伊澤伸恭 さん
ご連絡ありがとうございます。また機会をみて伺いたいと思います。
 MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ     
        
HOME     << 静岡県立美術館 *彫刻プロムナード そばきり 姫の湯 *建物編 >>   ▲ページトップへ